◆2016年11月8日(火)

世にいう「読書」を全然しない息子は、マンガなら読む。
近頃、ブックオフに行って、おこづかいで安く中古のマンガを調達することを覚えた。
いま夢中になっているのが、これ。

e0091161_21154266.jpg

ソファに寝転がったりして、あるいは就寝前に布団の中で、
ひとりで 「クククッ」 と笑いながら読んでいる。

これに対し、ワタクシが昼間のすきま時間にちょこちょこ読んでいるのが、これ。

e0091161_21173747.jpg

以前、里山のおじさまに借りて読んだことがあるが、
また読みたくなって自分で買った。
いいことばっかり書いてあって、ホントかな~と疑いたくなるが、
ほんとにホントなら、すごいな~、まだまだ日本、いけるかも、と思う。

最近はこれにジブリの絵のカバーがかけてあって、二重カバーになっている。

e0091161_21204530.jpg


グレーのカバーだとお堅い本という感じだが、
ジブリの絵のカバーをかけたとたん、かる~い感じになる。
人のアタマが抱くイメージって、すごいなー。
というより、こんな小手先の仕掛けでイメージを変えられるなんて、こわいなー。

で、こんな本読んでます、ってエラそうにしているけれど、
ワタクシが寝る前に読んでいるのは、心なごむ、これ。

e0091161_21243150.jpg


クククッ…。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]
# by lesjoursk | 2016-11-08 21:27 | | Comments(0)

春日大社お砂持ち行事

◆2016年10月20日(木)

ずっと前に春日大社から案内をもらっていて
これだけは行っておきたい、と思っていたお砂持ち行事に行ってきた。

今は御仮殿にいらっしゃる神様が
ご造替なった御本殿にお戻りになる前に、
参拝者が少しずつお砂を運んで御本殿前に敷き詰めていく行事である。

あれこれ事情があり、すっかり春日の大神様を
心のよりどころにしている自分がいて、
神様の新しいおうちの完成に少しでもかかわりたい気持ちがあった。

本当は先週行くつもりでいたのだが、仕事が入り余裕がなくなったので
今週18日に行ってきた。
23日までなので、逃したら大変、という気持ちがあり
ずっと気になっていたが、無事お砂を運ぶことができて
気持ちがすっきりした。本当によかった。

e0091161_21213649.jpg

e0091161_2122528.jpg

e0091161_2123559.jpg








* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]
# by lesjoursk | 2016-10-20 21:23 | 奈 良 | Comments(2)

里山で昼ごはん

◆2016年10月16日(日)

いい陽気だったので、突然思いついて
家族3人で里山でお昼を食べることにした。
コンビニでお弁当を調達して山へ。

うちにいるときは、いい風が吹いてるな~くらいに思っていたのが
山へ行ってみると結構強い南風で
木々が揺さぶられて、クヌギからドングリが落ちる落ちる。
ドングリがウッドデッキに当たる音がひっきりなしに響く。
あれ、頭に当たったらさぞ痛いだろうと思ったので
デッキを避けて隣のテーブルで、下界や飛行機を見ながら食べた。
の~んびり。気持ちい~~!

食べ終わったら、ドングリをバケツに集めてヤギズへ配給。
彼らはもうバケツを見ると好物のドングリだ!とわかっているらしく
待ちきれないらしい。
ボリボリボリボリ、いくらでも食べそう。
天高く、ヤギ肥ゆる秋…。

e0091161_21452817.jpg






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]
# by lesjoursk | 2016-10-16 21:46 | 里 山 | Comments(0)

◆2016年10月10日(月)

もう2週間近く前の話。
夜10時半ごろに物を取りに2階にあがった際に
ふとベランダのほうを見たら、ベランダの桟にまあるい塊があるのに気づいた。
夜でよく見えなかったので、部屋の明かりを煌々とつけて
網戸越しによ~く見てみたら、イソヒヨドリだった!
おそらく、うちの近辺で巣立ちした、あのイソヒヨドリだと思う。
うずくまるように、でも警戒を怠らない感じで、じーっとしていた。

夜を明かす場所として、うちのベランダを選んだのかぁと思うと
なんだか嬉しかった。
私はすぐ部屋の明かりを消し、抜き足差し足あとずさり。
隣りの部屋の窓ごしに、ほんのり明るい夜空をバックにした
イソヒヨドリの横顔をもう一度見て、ゆっくりお休み~、と思った。

翌朝私が起きた頃には当然イソヒヨちゃんの姿はもうなく、
そこで夜明かしした証として、置き土産がドッサリ落ちていた。
立つ鳥跡を濁さず…じゃないのか…。





* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]
# by lesjoursk | 2016-10-10 20:31 | 小さな生き物 | Comments(0)

◆2016年8月30日(火)

伊勢奥津で入った小さなカフェ『葉流乃音(はるのん)』さんに
ローカル誌とおぼしき雑誌が置いてあった。タイトルは「NAGI」(なぎ)。
「ローカル鉄道に乗って」が特集らしい。
(いまさらながら、私も結構鉄道のある風景が好きなのかも…)

e0091161_2136342.jpgぱらぱらめくってみると、ある程度読みでがあり、
見やすい紙に親しみやすそうな記事。
伊勢市にある出版元が三重県の情報を発信している。

帰りに立ち寄った伊勢奥津駅横の小さな物販店で
この雑誌が売られていたので、迷わず購入した。
鉄道だけでなく、三重に関する情報があれこれあり、
三重県好きの私としては嬉しい。

ローカル誌は、その「重箱の隅」とでも言うような情報が
スペシャル感を演出しているのか、
私にとってはもはや全国誌よりおもしろいかもしれない。
奈良の「ならら」、横浜の「横濱」、
そして三重の「NAGI」しか知らないけれど、
自分の好きな土地の情報を紹介するローカル誌、
あなどれない。






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]
# by lesjoursk | 2016-08-30 21:40 | | Comments(0)

◆2016年8月27日(土)

納期間近の仕事を抱えているけれど、どこかへ行きたい気分だったので、
夫の鉄撮に便乗してドライブ。室生のポイントで撮影後、道の駅・宇陀路室生へ。
e0091161_21594363.jpg


 ここからどうする、と相談して
特に理由もなく、もうひとつ道の駅行ってみる?ということで、
三重県境近くの道の駅・伊勢本街道 御杖(みつえ)へ。

 さらにどうする、と相談して、
県境を越えて、JR名松(めいしょう)線の伊勢奥津(いせおきつ)の駅まで行こう、
そこに給水塔が残っているし、と言うので、伊勢奥津へ。

 ここがおもしろかった。何もないけれど、
かつての伊勢本街道の宿場町で、たたずまいが残っていて…。
歩いて少しだけ散策、1軒だけあるカフェでお茶。
風が心地よく吹きぬけて気持ちよかった。

 駅前に無料のレンタサイクルがあるので、
是非また訪れて自転車をこぎながらゆっくり散策してみたい場所である。

e0091161_222942.jpg

e0091161_2203294.jpg

e0091161_2204989.jpg

e0091161_221720.jpg

e0091161_2211950.jpg






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]
# by lesjoursk | 2016-08-28 22:02 | おでかけ・旅行 | Comments(0)

花森安治の本

◆2016年7月15日(金)

e0091161_2059106.jpgおととい、書店で手に取って買おうかどうしようか迷った本を
今日、買った。

買ってよかった。まだ半分ほど読んだところだけれど、
おもしろい。花森安治がどういう視点で
「暮しの手帖」を作ったのかがよくわかる。
それ以上に、あの雑誌の歩みを詳しく知ることができるのが
私にはとてもおもしろい。

戦後の苦しかった時代に
人々はどう工夫しながら毎日を生きていたのか、
今の時代の私たちが、
かの時代の人々の暮らしから学ぶことがあるのではないか、
そんなことを見、考えながら、夢中でページを繰っている。

 (何度目かの内田百閒「百鬼園戦後日記」も同時進行で読んでいる。
  これはこれで何度読んでもおもしろい。というか、百閒先生がおもしろい。)

花森さんの字も好きだ。
「暮らしの手帖」の中で今でもときどき見かけるあの書体はだれのものだろうと思っていたが
やはり、花森さんのものだった。
かっちりした字体ではないが、統一感があって見やすい。
デザインの要素も感じられる。
現在の「暮らしの手帖」の「すてきなあなたに」の題字は
花森さんの書体をまねているのだろうか、と思わせるところがあるが
花森さんの字とは全然違う。ヘタにマネしないで、今の人の字を使うほうがよっぽどいいと思う。

「暮らしの手帖」は読みでがあり、広告はなく、毎日の生活に役立つヒントが
なにかしら載っている。目次などから内容を知り、おもしろそうな号は買っている。
でも、最新号は、「はじめてのおてつだい」という特集を組んでおり
中身は読んでいないけれど、タイトルからして引いてしまい、買う気が失せた。
編集長さんが最近新しい方に代わられたけれど、内容はこれまでのような路線を維持してほしい。

「とと姉ちゃん」は、花森さんがモチーフである「花山さん」が登場し、
編集が始まってから、やっとおもしろくなってきた。








* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]
# by lesjoursk | 2016-07-15 21:21 | | Comments(2)