においと記憶

◆2013年2月11日(月)

たぶん里山にかかわるようになってからだと思う。
ゴボウや山菜を使って食事の支度をしていると
三重県津市に住んでいた子供の頃のことを強烈に思い出すようになった。

具体的にではないけれど
何も悩みがなく、学校と遊びに明け暮れていた日々の夕方、
そろそろ友達ともバイバイして、母が夕食の支度をしている家へ帰ったことを。

思えばあの頃は、すごい田舎の社宅アパートに住んでいて
季節のいい休日には里山に入り、自転車をこいだり山菜を摘んだりしていた。
今思えば、それはとても心安らぐ幸せの日々だったのだ。

ゴボウや山菜のにおいで津にいた頃を思い出すという話を
お正月に帰省した時に母にしたところ、

 「あの頃は早めの夕食の支度で、ゴボウの天ぷらを揚げて
  あなたやお友達におやつ代わりにあげたこともあったっけ」

と教えてくれた。

私はそんなことちっとも覚えていないのだが
ゴボウや山菜のにおいが、
私の頭の奥の奥にある記憶を呼び覚ましてくれたのだ、と思った。

この子どもの頃の生活と、
カチカチ山という里山が欠かせない現在の生活が
まるで歯車がかみ合うごとく、カッチリ合わさって
ゴボウや山菜のにおいから、幼少時の記憶の覚醒につながったのだろう。
うまく言えないけれど、きっとそういうことだろうと確信している。

「におい」ってすごい、とつくづく思う。


で、息子はよくこう言う。

 「ママって、怒っているときにいい匂いがするんだよな~。
  髪の毛の間からいい匂いがするんだよ~。」

今朝も言われた。
怒っているときに頭から湯気でも出ているのだろうか?

息子が大きくなった時に、「怒っているママはいいにおいだったなあ…」
なんて感慨深く思い起こすことがあるかもしれない、と思うと
怒るときのテンションをもっと下げないとダメか?!と
少しだけ焦る私であった…。

e0091161_14161731.jpg


















* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]
by lesjoursk | 2013-02-11 14:18 | その他 | Comments(2)
Commented by KEI at 2013-02-11 16:55 x
音楽を聴いても、その時のの情景が一瞬で浮かぶこともありますね。
匂いもそうだな。

一瞬でその時の感情も蘇ってきたりして。

今は思い出作りにも時間もかからない簡単なこと多いですが、一手間一手間かけられた思い出というのは、いつまでたっても鮮明な気がします。

育んでいきたいね、子ども達に。
Commented by かとくみ at 2013-02-11 21:18 x
そうそう!音楽もそれを聴いていた頃に何を感じて何を考えていたか、
その時の自分をはっと思い出すことあります!

さすが、keiさん!いいことおっしゃる!
自分が親からいろいろしてもらったことを、同じように自分の子どもにして
大人になっても心の中に残るような、そういう幸せな経験をたくさんさせてあげたいです。


ちいさなシアワセをたくさん見つけて大きなシアワセに***かとくみの日々のメモです


by lesjoursk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

幼稚園→小学校
暮らし
里 山
手づくり
小さな生き物
おでかけ・旅行
奈 良
植物・庭
お買い物
食べ物
う た
音 楽
季 節

その他

最新のコメント

emirinさん、こちら..
by かとくみ at 22:13
かとくみさん 初めまして..
by emirin at 22:04
ほんとどうしようもないで..
by かとくみ at 09:19
お久しぶりです。 言っ..
by コクリコ at 15:13
「趣味どきっ」の民芸、見..
by かとくみ at 21:19

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
自然・生物

画像一覧