『ホームレス歌人のいた冬』 三山喬

◆2012年9月5日(水)

e0091161_21195829.jpg図書館で借りて一気に読んだ。
新聞一面の最下段に出版広告を見かけるたび
読みたいなあと思っていた。

「ホームレス歌人」とは、朝日新聞の歌壇に投稿していた
公田耕一氏のことである。
おそらくは横浜寿町のドヤ街周辺で日々を送っている(いた)。

私がどのようにして朝日歌壇の氏の歌を見つけたのか
今となってはよく覚えていないが、
おそらく流し読みしているときに
通常であれば居住地が記載されるべき欄に
(ホームレス)と記載されていたのが
強烈に印象に残ったのだと思う。


それ以来、毎週月曜日の朝日歌壇で氏の歌を探さずにはいられなくなった。
公田氏は9ヵ月間投稿し、40首も入選を果たしているが
その後投稿を絶った。何か起きたのだろうか、と気になって仕方がなかった。

そこへこの本の登場。と言っても出版されたのは今から2,3年前になると思うが…。

結局公田氏は見つからないのだが
著者が意を決して寿町に足を踏み入れ、公田氏の探索を続けていく過程には
引き込まれた。が、同時に著者が自分自身を見つめ直しているような内容には
ちょっと落胆した。

でもまあ、おもしろかった。一気に読んだのがその証拠だ。
公田氏は見つからなくてよかったと思う。
朝日新聞の呼び掛けに対しても名乗り出なかったのは正解だっただろう。
もし名乗り出ていれば、マスコミに振り回されて大変なことになっていたに違いない。

それでも私はいまだに朝日歌壇で氏の名前を探してしまう。
あり得ないとわかっていても、「もしや俳壇に?」とそちらも見てしまう。

歌に 「胸を病み医療保護受け…」 とあったが
どこかで元気に暮らしていればいいなと思う。


公田耕一氏について、説明すると長くなるので、興味があれば検索していただきたい。

私の印象に残っている歌を数首。



  百均の『赤いきつね』と迷ひつつ月曜だけ買ふ朝日新聞

  親不孝通りと言へど親もなく親にもなれずただ立ち尽くす

  温かき缶コーヒーを抱きて寝て覚めれば冷えしコーヒー啜る

  胸を病み医療保護受けドヤ街の棺(ひつぎ)のやうな一室に居る

  哀しきは寿町と言ふ地名長者町さへ隣にはあり







* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]
by lesjoursk | 2012-09-05 21:47 | | Comments(0)


ちいさなシアワセをたくさん見つけて大きなシアワセに***かとくみの日々のメモです


by lesjoursk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

幼稚園→小学校
暮らし
里 山
手づくり
小さな生き物
おでかけ・旅行
奈 良
植物・庭
お買い物
食べ物
う た
音 楽
季 節

その他

最新のコメント

emirinさん、こちら..
by かとくみ at 22:13
かとくみさん 初めまして..
by emirin at 22:04
ほんとどうしようもないで..
by かとくみ at 09:19
お久しぶりです。 言っ..
by コクリコ at 15:13
「趣味どきっ」の民芸、見..
by かとくみ at 21:19

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
自然・生物

画像一覧