5月25日の里山 ~ アゲハモドキ・ユリノキ

◆2011年5月25日(水)

最近、里山に関する記事が多くなり、
都度タイトルを考えるのが大変になってきたので
今後は上記のようなコザッパリなタイトルでいくことにする。

毎週水曜日は里山クラブの定例活動日。
今日はヒノキ林の間伐で、オッチャンたちはヘルメットかぶり出動。
私とカンポさんは幼虫の観察と山や花の様子を見て回る。

e0091161_1442069.jpg
 車を停めた脇には
 ノイバラが満開。


幼虫クン。丸々太って元気に成長中。
既に自分の台座からはみ出しているヤツもいる。

本で読んだのだが、台座は彼らのマイホームで、お食事に出かけるときは
自分で糸を吐きながら進み、満腹になったら
その糸をたどってマイホームに帰って来るそうである。
ほかの幼虫の糸と交錯しても間違えずに帰って来るそうである。自然はすごいな!

人工飼育プロジェクトをリードしてくれているW氏(元小学校教諭)は
「あと1週間もすると蛹になりますよ。
 おンもしろいんですよ~、蛹から羽化するときが。
 こう、ね、ズン!ズン!ズン!…ドコ!って蛹から出てくるんですよ!」
と言って、閉め忘れていたズボンのチャックを上げた…。

見た目すっごい真面目そうな人なのに、毎回必ずこうしてかましてくれる。
私とカンポさんは笑いをこらえるのがつらい。
ズンズンズンドコって蛹から出てくる、と言われてもイメージわかないし。
でも、氏のイメージはすっかり変わった。憎めない、いい人である。

e0091161_1413682.jpg
近頃シューに合わせて朝食の時間が早いので
いつも山に着いてしばらくすると空腹になる。
ちょうどいい具合にクサイチゴが熟している。
今日はこれをかじりながら、山をうろうろ。
甘くておいしい。
e0091161_14132676.jpg      
      これ(→)は、食べられないことはないけど
      おいしくないヘビイチゴ。


来るたびごとに、光を透かすような新緑の色が深まるのを感じる。
早くも夏の装いの山のなかで、この赤が目に飛び込んできた。
e0091161_14182660.jpg  

 真っ赤なシャクナゲ。
 ピンク系の花しか知らなかったので
 この迫力に驚かされた。


エノキと幼虫の状態を確認しているときに、こんなものを見つけた。何かの蛹?
e0091161_14152868.jpg

W氏とフォンテさんに聞くと、「ヤママユ」(ヤママユガ)とのこと。
このマユから最高級の絹がとれるのだそうだ。
マユって真っ白と思っていたが、こんな薄黄緑色をしている。きれい。

e0091161_14205933.jpg エノキに防虫袋を かぶせて一巡して戻ってくると、
 その袋に見事なアゲハチョウがとまっていた。
 じーっとしていて
 カメラがかなり近づいても逃げない。
 「クロアゲハ」「アゲハモドキ」と教わった。
 後翅の赤い紋が美しい。


次の用事に向かう時間になったので
カンポさんと車で狭い道を下っている時に思い出した。
そうだそうだ、ユリノキ。6月頃にチューリップのような花をつけるらしいユリノキ。
近くに大木があるので見てみた。

e0091161_1425545.jpge0091161_1426233.jpg
うわ!咲いてる咲いてる!
木が大きくて見づらいけれど、確かにチューリップのような花が咲いている。

カンポさんが「花が落ちてるよ」と教えてくれた。
e0091161_14273278.jpg  本当にチューリップみたい。
  大きさも同じくらいだ。香りはないようだけれど。
  へ~、こんなに大きくなる木が
  こんなにかわいらしい花をつけるなんて意外。

  ユリノキ。葉っぱが半纏の形に似ているので
  別名ハンテンボク(半纏木)。
  次の見頃は秋の紅葉である。




[PR]
by lesjoursk | 2011-05-29 14:31 | 里 山 | Comments(4)
Commented by NODA at 2011-05-30 23:35 x
僕は子供の頃、毎年のようにアゲハの幼虫を育ててました。
カラタチの葉っぱがエサで、放っておいてもサナギにまでは
なるのですが、寄生蜂にやられるとサナギから蜂が出てきて
しまうんですよね。あれはショックでした・・・
Commented by かとくみ at 2011-06-01 08:31 x
チョウの蛹からハチ??!そんなことがあるんですか!
それは大ショックですねー。まして純粋な子ども心にはさぞ…。
カラタチが食樹ということは、何アゲハでしょう?
(近頃は妙に細かい名前まで気になりまして…)
オオムラサキの幼虫はほぼみんな元気に成長していますが
今年は蛹化する時期が遅いとオッチャンは言っています。
冬が厳しかったせいでは?と私は思っているのですが
(桜などの花も総じて遅かったし)。
Commented by NODA at 2011-06-01 23:12 x
あれは本当にショックですよ。
カラタチの枝にくっついたサナギにぽっかりと穴が開き、そこから
蜂が出てくるのですから。あれはエイリアンそのものです。

何アゲハ?
ただの、アゲハだと思います。
お近くにカラタチの木があれば、葉っぱをちょっと裏返してみて
ください。茶色や緑色の幼虫がみつかるかも。

オオムラサキって実物は見たことないけど、羽化の場面から
ずっと観察したら感動するでしょうね。
Commented by かとくみ at 2011-06-02 09:59 x
エイリアン…ほんとにそうですね。私ならぎゃーっと叫びそう。
カラタチあるかなあ。確かトゲのある木ですよね。
見つかったら探してみます。

ショックつながりで、この記事に「クロアゲハ」として
掲載しているヤツは、クロアゲハではなくて
「アゲハモドキ」であることが判明しました。
幼虫を飼育するのが大好きという里山仲間の女性先輩から
教えていただきました。
何がショックって、アゲハモドキは「蛾」だそうで…。
言われてみれば触覚が短いし、蛾に見えてきます。
あ~。こういうこともあるんですね…。


ちいさなシアワセをたくさん見つけて大きなシアワセに***かとくみの日々のメモです


by lesjoursk

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

幼稚園→小学校
暮らし
里 山
手づくり
小さな生き物
おでかけ・旅行
奈 良
植物・庭
お買い物
食べ物
う た
音 楽
季 節

その他

最新のコメント

emirinさん、こちら..
by かとくみ at 22:13
かとくみさん 初めまして..
by emirin at 22:04
ほんとどうしようもないで..
by かとくみ at 09:19
お久しぶりです。 言っ..
by コクリコ at 15:13
「趣味どきっ」の民芸、見..
by かとくみ at 21:19

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
自然・生物

画像一覧