人気ブログランキング |

暮らしのシアワセ

lesjoursk.exblog.jp
ブログトップ

けさの会話

◆2010年7月19日(月)

朝食後に新聞を読んでいた夫が記事を見て言った。

「“新米弁護士、就活中”だって!」
「へ~ぇ。」
「僕たち(不動産鑑定士)もどんどんやりにくくなってくよなー。」
「なんでそんなんなっちゃったんだろね。」
「士業の数を増やそうとしてるからだよ。」
「なんで?」
「欧米に比べると数がだいぶ少ないからってことらしいけど。」
「欧米なんか見るより日本の現状を見た方がいいんじゃないの?」
「そうだけどさ。」

「思うんだけどさー、なんでもかんでも低価格のものがいいって、
 消費者が価格の低いものに飛び付いて、どんどん競争が激しくなって
 デフレが進んで…そういのが諸悪の根元なんじゃないの?
 品物に見合った対価をちゃんと払わないと、世の中どんどん
 おかしくなってくような気がするよ。」
「ときどき昭和の時代ってよかっただろな~って思うよ。高度成長の時代。
 大変だけどがんばればそれだけのものが返ってくるっていうかさ」

「私も思う。それにさー、なんちゅうか、国民がもっと謙虚で奥ゆかしくて、
 目上の人を敬って、お父さんお母さん先生を敬って、みんなもっと
 賢かったっていう気がするよ。戦争はイヤな時代だけど、それ以外の昭和って
 よかったんじゃないかな~って思う。百閒先生の時代もよかったんじゃない?」
「そうだよ。百閒先生みたいな生活でもやっていけたんだからね。
 砂利場で蒙塵しててもさ。」
「そうだよねー。フォン・ジャリバーとか言ってさー。
 差し押さえ屋が来て次々差し押さえられても、“これはあなたの商売道具でしょうから
 差し押さえるのはやめときましょう”って言って、辞書やドイツ語の原書は
 残しておいてやったしねー。」
「そうそう、大らかだったよ、きっと。」

「なんか今は日本人どんどん幼稚化していってるよね~。」
「日本だけじゃないよ、世界的にだよ。」
「シューが大きくなる頃にはどんな世の中になってるかねー。」
「戻ると思うよ。少しずつそういう動きが出てきてるよ。」
「農業始める人が増えてるとか?」
「そうそう。新幹線でピューッと行くんじゃなくて各駅停車で行くみたいな。」
「そうかね~。時代を戻るのは大変だと思うけどね~。」

この後、私は朝食の後片づけ、
夫はシューが遊ぶプールとタープのセッティングに向かったのであった。
ちょっと記憶しておきたい、今朝の会話。


※注! 普段会話しないわけではありません!(笑)
by lesjoursk | 2010-07-19 21:53 | その他 | Comments(0)