やっと遭遇、アサギマダラ

◆2018年10月2日(火)

家から車で15分ほどの里山の集落にあるキンモクセイの大木を見に行った。
見事な咲きっぷりで、小さな谷間にあるのであたりに香りが漂っていた。

その反対側は東に向いた斜面になっていて
いろんな草花や低木が生えている。
そういうところには何かしら虫がいるはずなので探していたら、
なんと、アサギマダラが突然目の前に現れた!

ずっと見てみたかったチョウなので、大興奮!!
その斜面にはアサギマダラの好物のヒヨドリバナがたくさん咲いていて
その蜜を吸いに来ているのだった。

台湾あたりまで渡るといわれるチョウ。
優雅にヒラヒラと、ときには滑空しながら飛んでいたが
その小さな体のどこに海を渡るエネルギーがあるんだろう。

どこから飛んできたのかわからないが、こんな内陸の、小さな谷間にある
ヒヨドリバナを見つけるのもすごいな~と思う。

花から花へ飛んで、蜜をのんびりたっぷり吸っているようだ。
次はどこへ向かうのだろう。

e0091161_22042173.jpg






















* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


[PR]
# by lesjoursk | 2018-10-02 22:04 | 小さな生き物 | Comments(0)

ゴマダラチョウ羽化

◆2018年9月20日(木)

ある年、うちの庭に勝手にエノキが生えてきた。
おそらく鳥の落としものによって。

現在根元直径はおそらく3cmほどと思うが、
大木になっては困るので、毎年根元で切り落としていた。

それが去年から、この住宅地の、しかも電柱の陰にある小さなエノキを
どうやって見つけるのだか、ゴマダラチョウが産卵するようになった。
産卵の様子を見たわけではないが、数頭の幼虫がいるので
初めて見つけた昨年はひとり大喜びしていた。

昨年は、枝ごと里山に持って行ってその後の無事を祈ったが
今年は自分で最後まで面倒を見ることにした。

面倒を見ると言っても、蛹になったらケースに入れて
玄関内に保護するのみ。今年は数が少なくて2頭だけ。

その2頭が1日をおいて順番に無事羽化した。
私が目覚める前、早朝に羽化するのでその場面が見られなかったのがちょっと残念ではあるが
無事に飛び立つことができて、よかった。

放つときには、私の指にのぼらせて、じっくり観察させてもらって
蝶が自分から飛び立つのを待つ、そして見送る。
意外にも私の指をしっかりつかむのが小さな驚きだった。

そしてまたエノキを根元でばっさり伐った。
来年もまたゴマダラ来てくれるかな。

e0091161_21331586.jpg

























e0091161_21324437.jpg

















e0091161_21332508.jpg




















[PR]
# by lesjoursk | 2018-09-20 21:36 | 小さな生き物 | Comments(0)

暑すぎる…

◆2018年7月18日(水)

里山定例活動日。
次の日曜日は恒例の「親子自然体験教室」をやる。
私は仕事などで2週間以上、山に行けていなかったので
今年の異常な暑さに少しでも慣れておかなければ、と、お昼前に山に出かけた。

今日は竹林整備。私は例によってほとんどお昼を食べに行くだけ、なのだが
お昼前に着いたので竹林に行ってみると、
伐採竹の運搬のための軽トラが急坂で空転して動けなくなっていた。
しかも、片側は穴にはまっているらしかった。

「船頭」がいっぱいいたので、あーでもないこーでもないとひと騒ぎした後、
結局、人数がこれだけ(10人以上)いるのだからロープで引っ張ることにして、
やってみるとすんなり脱することができた。
e0091161_22125277.jpg













その後、拠点に戻り昼食をとったのだが、
久しぶりの猛暑・炎天下だったので、私は既に少しいつもと違うなと感じていた。
数年前の自然体験教室の時に熱中症になりかけた(なった?)ことがあったので
イヤな感じがなんとなくわかる。

日陰を選んで椅子に座り、ポカリを飲み、だれかが差し入れてくれた
冷えたミニトマトやスイカを頂いて、昼食も食べて、まあ大丈夫かな、という感じに戻った。
日頃運動不足だし、暑いのは苦手でお昼から冷房をいれて過ごす毎日だったので
体験教室当日がちょっと心配。
e0091161_22144648.jpg












もちろん参加者の方々が熱中症にならないかも心配。
参加者には十分準備してきてくださいと伝えてあるが
こちらでも保冷剤を用意しておこうか、とか、ナラ枯れが進んで木陰が減ったので
タープを2つ張ろうとかいう話になっている。

あ~、日曜日、少しでも気温が下がってほしい!風も吹いてほしい!
無理せず、みんな元気で楽しめますように!


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


[PR]
# by lesjoursk | 2018-07-18 22:16 | 里 山 | Comments(0)

ヤマアジサイ「藍姫」

◆2018年6月7日(木)

先週末に県南部の道の駅などで山野草を探してみたけれど
ほしかったヤマアジサイは見つからなかった。

ところが、家の近くのホームセンターに行ったついでに花売り場を見たら、
なんとまあ、ドンピシャのがあったので、即購入。
ヤマアジサイ「藍姫」である。

e0091161_21160670.jpg













e0091161_21155171.jpg













控えめな姿、つやのない小さな葉、名前のとおりの藍色。
こういうのが、今の私の好みなのだ。
4号ポットに入っていたので、近くの別のホームセンターで5号山草鉢を買ってきて
今日、植え替えた。家の中でも楽しめるように受け皿も買った。
1、2シーズンは鉢植えで楽しんで、そのあとは地植えしようと思っている。
雨続きは好きではないけれど、しっとりした植物の風情を楽しめる点では
梅雨もまあいいなあと思う。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

[PR]
# by lesjoursk | 2018-06-07 21:21 | 植物・庭 | Comments(4)

ヘリでの救助活動に遭遇!

◆2018年6月3日(日)

梅雨に入る前にまた南部の山間部に行きたいと思い、
家族を乗せ、私の運転で黒滝村・天川村に行ってきた。
実はいくつかの道の駅などで山野草をチェックしたいのも目的のひとつ…。

緑深い中であれこれ楽しめたのだが
天川村で偶然、奈良県消防防災ヘリによる救助活動に遭遇した。
一部始終を見守っていたので、もうそのインパクトが強すぎて、ほかのことが記憶から消えそう…。

日々訓練を積んでいるであろう隊員さんたちの姿が頼もしくて
頭が下がる思いだった。かっこよかった!!

e0091161_22080706.jpg

















e0091161_22142184.jpg



















e0091161_22082289.jpg














e0091161_22083043.jpg














e0091161_22090579.jpg















渓流釣りをしていた高齢の男性が流され、
大きな岩にしがみついていたのを若者が発見して通報し、救助されたもの。
男性は怪我だけで済んだようで、よかった。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *





[PR]
# by lesjoursk | 2018-06-05 22:27 | その他 | Comments(0)

和の庭にあこがれる

◆2018年5月25日(金)

里山にかかわるようになってから、和の植物、つまり日本在来の植物のよさに
気づき始めたような気がしていたのだが、
先日、大和郡山の老舗和菓子店で、鉢植えのヤマアジサイを見て以来、
それが決定的になった。

そういえば、ガーデン雑誌を見ても、和のつくりのしっとりした庭ばかり見たり
洋花を買うことが減ってきたり(世話が面倒、というのもあるが)
まあ自分が年をとって、静かなもの、心落ち着くもの、質素なものに
今まで以上にひかれるようになっているので
和の植物がいいと思うようになったのも、その流れのひとつかもしれない。
でも、東京で働いていた頃にも一度自分の中で「和」ブームになり
俗な民芸を欲しがったり、芹沢銈介の作品コピーやサンキライを部屋に飾ったりしたことがあった。
「素質」?があったのかなぁと思う。

そういえば先日から、民藝運動の柳宗悦の「手仕事の日本」(岩波文庫)を読み返している。
というより、前回読んだはずの内容を全く覚えていないので
実質初めて読んでいるようなもの。私はいつ、この本を買ったのだろう?

ついあれこれ思考が錯綜するが、庭に話を戻す。
これまでは洋花を育てるのが好きだったが(今でも嫌いではない)
作り込んだ庭では全然ない。
でもかといって、自分のセンスと財力では、和の庭に転換することは容易ではない。
できること、育てたい植物から少しずつ、挑戦してみたい。
生垣は住宅業者が植えて行ったウバメガシで(あまり好きではない)
そのほんの一部の足元にギボウシを地植えしている。
この小さい和の雰囲気と、エゴノキの木陰が好きで、これらをうまく生かしたいと思う。
ツリバナも植えたい。里山で見て、秋の実のかわいらしさにひかれた。
ホタルブクロ、ナルコユリ、オトコエシ、ヤブコウジ、コウヤボウキ…
山にはこうした植物がたくさん自生しているけれど、とってはいけない。
せめて種を採取して育てられないだろうか。実生は難しいのかな。

それから、やっぱり部屋の中に、あの和菓子屋さんのような一鉢が欲しい!
今日、最寄りの道の駅に行くと、山野草がいくつも売られていて嬉しくなった。
でもヤマアジサイはなかった。
これもいいよなぁと思っていたシモツケの苔玉があったので
さんざん悩んだが、まぁゆっくり考えようと思い、買うのはやめた。

安かったので、青花シランを1ポット購入。まずは鉢で育ててみようと思う。
以前はシランってどこがいいのだろう、と思っていたけれど、
人間の考えなんてあてにならないなーと自分で笑ってしまうくらい、
シランいいなあと思うようになった。
図書館で山野草や野の花に関する本も数冊借りてきた。これは参考と目の保養に。

アジサイが好きで、何種類か育てているが、そのうちの一つが
どうやらヤマアジサイらしい。
これは何年も前に近所の友人からひと枝もらって挿し木したもの。
その友人も知り合いからもらったとかで、名前はよくわからないと言っていた。
ガクが紅~白、葉も赤味がかる。それをもう一度挿し木して、増やしてみようかと思う。

実際どこまでできるかまったく不明だが、楽しみが増えた。

そして、驚くべきは、数年前に「今は洋花が多いようだけれど、だんだん和のものがよいと
思うようになりますよ」と言い当てた人がいたこと!Mさん、お元気ですか!

e0091161_22084902.jpg


























* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



[PR]
# by lesjoursk | 2018-05-25 22:11 | 植物・庭 | Comments(4)

バラの挿し木に挑戦

◆2018年5月7日(月)

かなり前にバラ店で入手したシックなバラ「ライラッククラシック」。
e0091161_13300883.jpg




















一輪生けて眺めてうっとりしていたのだが
ビンの中で脇芽を出しているのに気付いた。
もしかして、挿し木できるかも?! とネットで調べると
切り花としてのバラからも挿し木をして楽しんでいる人がたくさんいる。
個人で楽しむぶんには構わないようなので
私も挑戦してみることにした。
e0091161_13332278.jpg



















昨日、赤玉土の小粒にそ~っとさした。
今日はまだ葉っぱがピンピンしていて元気。
発根してくれたら嬉しいなあ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *











[PR]
# by lesjoursk | 2018-05-07 13:35 | 植物・庭 | Comments(0)


ちいさなシアワセをたくさん見つけて大きなシアワセに***かとくみの日々のメモです


by lesjoursk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

幼稚園→小学校
暮らし
里 山
手づくり
小さな生き物
おでかけ・旅行
奈 良
植物・庭
お買い物
食べ物
う た
音 楽
季 節

その他

最新のコメント

emirinさん、こちら..
by かとくみ at 22:13
かとくみさん 初めまして..
by emirin at 22:04
ほんとどうしようもないで..
by かとくみ at 09:19
お久しぶりです。 言っ..
by コクリコ at 15:13
「趣味どきっ」の民芸、見..
by かとくみ at 21:19

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
自然・生物

画像一覧