カテゴリ:暮らし( 152 )

世の中にたえてさくらのなかりせば…

◆2016年4月5日(火)

ソメイヨシノのお花見ができず、まさに

  春の心はのどけからまし…

の心境、なんとなく落ち着かない。
夫→息子…とバトンタッチされた風邪が、やっぱり私にくるか~?! というビミョーなところ、
うがいと市販薬で対処しようとしている。

今日、掃除のあとに、お軸を掛け替えた。
あえて五月人形はまだ飾らず、少しの間、鯉を眺めていようと思う。
庭の水仙を生けてみたが、花瓶とあわず
まぁないよりいいでしょ、という感じ。
小手鞠が咲いたらそれを盛大に飾るつもりでいる。

e0091161_135506.jpg







* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]

by lesjoursk | 2016-04-05 13:06 | 暮らし | Comments(0)

横浜で年越し

◆2016年1月11日(月)

この年末年始は息子と二人で横浜の実家で過ごした。
(夫は仕事のため、一緒に行けず。)

29日に実家に向かう途中の横浜線車内で母から、
父が食べ物を喉に詰まらせて救急搬送中という連絡を受けた。

どうなることかと思ったが、母の躊躇ない心臓マッサージや
すぐに駆けつけてくれた救急隊員の適切な処置のおかげで
救急車内で意識を取り戻し、事なきを得た。

私と息子はとりあえず実家に荷物を置いて、
まるで泥棒に入られたような様子の室内を元どおりにして病院へ。
父の顔を見て話をしたときには本当にほっとした。

結局、ごくごく軽い肺炎になりかかっていたが
1泊入院しただけで、あとは自宅で抗生剤を飲みながら
普通に生活しても大丈夫と言われたので、翌日に退院できた。
脳への影響もまずなかったようで、安心した。


実家滞在中は、騒々しい息子が家の中をかき回すわけだが、
それがアルツハイマーの父には素晴らしい刺激となって
父の調子も明らかに良くなる。
こういう状態が毎日続けば、海馬の細胞が再生されるのでは、と思うほどである。
私が結婚して遠くに住むようになってしまったことは
申し訳なかったなあと、切実に思うときでもある。


横浜では、年が明けると港内にいる船が一斉に汽笛を鳴らす。
その音が聞きたいから起こして、と息子に頼まれていたので
わざわざアラームをセットして、3分前に起こしにかかったのに
熟睡しまくっていて起きやしない。
揺さぶっても肩をたたいても声をかけても起きない。
そのうち、汽笛が盛大に響き渡り、
八景島の打ち上げ花火もポンポン聞こえてきた。
息子を起こすのは諦めて、私は布団の中で汽笛と花火を聞いていた。
港の近くまで通った高校時代を思い出しながら…。

翌日、息子に責められたのは言うまでもない。

息子の誕生日の3日には、上大岡の京急百貨店に出かけ、
プレゼントにミニ四駆2台を買って差し上げた。
地下の食料品売り場に行くと、今年も獅子舞がいて
私たちも頭をかぷっとかんでもらった。

今年も家族そろって、元気に穏やかに暮らせるように…願うのはそれだけである。

e0091161_2211524.jpg











* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]

by lesjoursk | 2016-01-11 22:12 | 暮らし | Comments(0)

2016年もどうぞよろしく

◆2015年12月28日(月)

掃除なんか全然できていないけれど
それはあまり気にしないことにして、
最低限やっておきたいお正月の準備をほぼ済ませて、ほっとしている。
e0091161_1734177.jpg



このお正月、私と息子は明日から私の実家に行く。
父の介護を一生懸命してくれている母を少しでも助けるため
早く行ってあげなさいと義母が言ってくれた。本当にありがたい。

夫は仕事の関係で行けないので、新幹線で。5日に戻る予定。
(近年のお正月はこのパターンになりつつある)

ということで、これを読んでくれている皆さま、
今年もありがとうございました。
新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。
e0091161_17343399.jpg













* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]

by lesjoursk | 2015-12-28 17:35 | 暮らし | Comments(0)

本漆椀を修理に出す

◆2015年3月2日(月)

私と夫が普段使っているお椀にヒビやカケが目立ち始めた。
特にヒビは日々(シャレでなく)深まり延びている気がする。

e0091161_21554322.jpg

このお椀2客は、結婚の折に母に買ってもらった
本漆塗りの高級品だったことを記憶しているので
大事に永く使いたいと思っている。

ということで、初めて、漆器の修理をお願いすることにした。

ネットで検索してみるとそういうサイトがたくさんある。
いくつか見てみて、個人でされているらしい、
誠実そうな塗師(ぬし)さんを選び
昨日、画像を添付して修理見積もりをお願いした。

そして今日、塗師さんから電話をいただいた。
修理できます、とのこと。
「全体直し」と呼ばれる作業でお椀の外側も内側も塗るのが
一番いい方法だそうである。
修理をお願いしたいお椀は内・外とも同じ色なので
ここまでの修理なら1客¥4,000。
ところが、全体に漆を塗ることにより、外側の蒔絵の装飾が消えてしまうので
それも復元する場合は追加で1客¥2,000。
合計¥6,000×2客×消費税=¥12,960。

う~ん、なかなかなお値段だけれど、元の値段よりは数千円安いし
伝統の技術を駆使して元の姿にきっちり修復してもらえるのなら納得できる。

明日にでも、工房のある石川県・山中温泉にお椀を送り出すつもりである。

修理期間は約3ヵ月とのこと。
その間、100均のウレタンお椀を使いながら
美しくなって戻ってくるのを楽しみに待ちたいと思う。















* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]

by lesjoursk | 2015-03-02 21:57 | 暮らし | Comments(0)

肋骨にヒビ(?!)の母の日

◆2014年5月11日(日)

今日は母の日。
実家の母にはクレマチスの鉢植えを送り、
夫の母にはご招待で昨日、みんなでイタリアンレストランで夕食をとった。

夕食後、義母と息子がなにやらゴソゴソやっているなぁと思ったら
一緒に私へのプレゼントをラッピングしてくれていたようで、
今朝、息子が私にタオルハンカチ3枚をプレゼントしてくれた。
メッセージカード付き!嬉しかったなぁ!大事に使おうと思う。
息子にも感謝だし、義母にも感謝。

ところで、咳がまだ完全には治まらず
就寝前には咳止めシロップを飲んでいる。
そのおかげか夜は眠れるようになったのだけれど、
起き抜けや昼間に咳が止まらなくなることがある。
昨夜も帰りの車の中でその状態になり、思いっきり咳をしていたら
その直後から右胸から脇にかけて、イヤな痛みが…。

思い当たってネットで調べてみると、「肋骨にヒビ」の症状にぴったんこ!
咳、深呼吸、体勢を変える、寝返りを打つ、鼻をかむ…
これらのことをするたびにいちいち痛い。
何もしなくても、まあ神経がその部位に集中しているのか、違和感を感じている。

が、整形外科に行っても特に治療法はなく、日にち薬らしいので
このまま放っておいて様子を見ることにした。

早く咳なおれ~。









* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]

by lesjoursk | 2014-05-11 10:11 | 暮らし | Comments(0)

段ボールコンポストその後 2

◆2014年4月7日(月)

まだ続けているダンボールコンポスト。
去年の10月頃だかに基材と不織布の袋を予備のものに替えた。
順調にここまで来たが、そろそろまた基材を半分ほど入れ替えたい。

もう予備はないので、ネットで探して買うか…と思い
検索していたところ、基材は身近な物でできることがわかった。
それは、ホームセンターで売られている「もみ殻燻炭」と「ピートモス」。
どちらも土壌改良剤として使われているようだ。

そういえば、コンポストの説明会で
基材の材料はピートモス云々と話されていたような気もする。

早速今日、近所のお店でこれらを買ってきて、半分入れ替えた。
袋から出した基材は、植物の培養土として使う。
今が園芸シーズンだからちょうどいい。

私が風邪ひいて寝込んでいる間に消費期限が過ぎてしまったお豆腐を入れたら
早速ホッカホカに発酵しつつある。

このコンポストとカチカチ山のニワトリのおかげで
有料ゴミ袋を買う頻度はかなり少ないと思う。
昨年10月の有料化開始前に、自治体から各戸に配布されたゴミ袋は
さすがにもうないが、その後、20ℓと10ℓの袋各10枚を購入し
それを使い切っていないうちに、自治会から20ℓ・10枚が配布されたので
この先しばらく袋を買う必要はなさそうだ。
















* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]

by lesjoursk | 2014-04-07 22:11 | 暮らし | Comments(0)

食器洗いのとき、水はシャワー?ストレート?

◆2014年2月13日(木)

なんだかしょうもない話題のようだけれど
私はいつも食器を洗いながら考えている。

ずっとシャワーで洗っていたが、
あるときふと、ストレート水流の方がいいのではないかと思い始め、
ここ1~2年は主にストレートで洗っている。
しかも、細い水流。

そうする理由は4つ。
 ① めがけた所に確実にまとまった量の水が当たる。
 ② 音が静か。
 ③ 水滴が飛び散りにくい。
 ④ 節水にもなるのでは?

ストレートなら細い水流でもしっかり洗い流せる。

ときどきは疑問を感じながらもこのやり方をしていたところ、
前々号の「暮しの手帖」の「暮らしのヒント」に出ていた。

 食器洗いの水流は、鉛筆の太さで。

そうなんだ、やっぱり!
暮しの手帖の言うところはほぼすべて信頼している私は
これで確信した。

ただし、形がいびつな物、お玉や泡だて器、お箸などは
シャワーの方が効率的である。
一度、おためしあれ。












* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]

by lesjoursk | 2014-02-13 16:05 | 暮らし | Comments(0)

洗濯槽を洗浄してみた

◆2014年2月8日(土)

酸素系漂白剤で洗濯槽の洗浄をしてみた。
話には聞いていた。汚れがワンサカ落ちるということを…。

私が使っている酸素系漂白剤は「パックス」という商品で
油にまみれたガスレンジや換気扇の掃除、あるいは水筒の茶渋の漂白などで
いつも実力を発揮してくれる。

洗濯槽については、取扱説明書には「台所用塩素系漂白剤を300ml入れて
槽洗浄ボタンを押す」と書いてあるので、そのとおりの洗浄を定期的にしてきた。

それでも落ち切れない汚れがある、らしい。

少し熱めのお湯で槽を満杯にしつつ、パックスを適当に入れる。
そのまましばらく放置。

約30分後に見に行くと、話に聞いていたワカメのような
ピラピラした、汚れ?かび?がワヤ~~~ッと大量に浮いている。
どひゃー!こんなに汚れがついていたのかぁ!

と驚いたのもつかの間、追加で槽を回すと
ま~出るわ出るわ、エンドレスにそのピラピラワカメが湧いて出てくる。
いや、ワカメというより、出汁をとった後の鰹節だ。うん、まさにソレ!

都度、糸くず取りネットでよごれをすくって取り除くのだが、
ホントにきりがない。
水がもったいないが、ここできちんと落としておかないと
次の洗濯時に衣類に鰹節モドキが付着することになる。

ということで、いいかげん疲れて、結局
「まだ少し汚れが出るけど、もうこのあたりでいっか…」
と作業をしめくくったのであった~。

ああ…次の洗濯、ちゃんときれいにできますように…。









* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]

by lesjoursk | 2014-02-08 21:29 | 暮らし | Comments(2)

今年もお世話になりました。

◆2013年12月30日(月)

今日、かんたん門松と、白木の三宝にのせた鏡餅を飾りました。

e0091161_21441762.jpg
e0091161_21442820.jpg

今回は山から南天をもらってくるのを忘れたので
切り花の千両を買って生けました。
水引飾りをつけるとぐっとお正月らしくなりますが、
前回同様、今回も水引をバランスよく整えるのに苦労しました。

鏡餅はちょっと小さかったかな。
裏白は約1年前に、里山の副会長どのから、
生えている場所を見つけたと言って教えてもらったのですが、
採りに行く時間がなく、これも買ったものを使いました。

e0091161_2146531.jpg余った松と千両一枝は食卓へ。
息子がそれを指して、
 「これ、おしゃれじゃん♪」
と言ったのには笑ってしまいました。


今年もいろんな方にたくさんお世話になりました。ありがとうございました。
また、facebookを通じて情報交換したりお話したりできたのも
とても嬉しいことでした。

新年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさま、よいお年をお迎えください。




















* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]

by lesjoursk | 2013-12-30 21:47 | 暮らし | Comments(2)

生ごみ収集有料化、始まる

◆2013年10月1日(月)
私の住む町では、今日から生ごみ収集の有料化が始まった。
町指定のごみ袋で出したごみしか収集されない。
指定ごみ袋は1リットル1円で計算されるため、
例えば20リットル入り1袋は20円となるわけである。

普段からごみ減量を考えている私からすれば
金額の多寡にかかわらず、お金を払わされるのは癪に障るから
より一層の減量に励んでいる。
町もごみの減量のために有料化を導入したのであるから
私のこの姿勢は正しいのだ。

プラ・紙ごみは徹底的に分別。
ヨーグルトカップを覆う紙とかトイレロールの芯とか小さい紙も、
また郵便封筒はプライバシーにかかわる部分や窓のプラ部分を切り取って、古紙回収へ。
野菜くずは細かく刻んで、コンポスト、あるいはコッコ行き。

手間と言えば手間だが、もう習慣になっているので、さほど苦にならない。
それどころか、どれだけごみを少なくできるかを楽しんでいる。

今日は朝昼晩マトモな食事をしたが、
生ごみとして出すのはほんの少しで済んだ。私のこぶし大くらい。
昨日は大きい剣先イカ2ハイをさばいたので、ちょっとかさばった。
(イカもコンポストに入れていいのだが、まだそこまでの勇気が出ない)
いずれも冷凍庫に保管しておけばニオイの心配はない。
冷凍庫がいっぱいになるまで、ごみ収集には出さないつもりである。

うちの周辺を見る限り、ごみ減量については年配者の意識が低いと思う。
新聞紙の束をどさっと生ごみに出していく超低レベルのおばちゃんもいる。

今日聞いた話では、スーパーで精算を済ませた後、袋詰めするテーブルで
別のおばちゃんが魚の切り身をパックから出し、備え付けのポリ袋に詰め替えて袋に入れ、
不要になったラップとトレイは近くのごみ箱に捨てていたそうだ。
環境保護の意識のかけらもないのだろうか。

こんな話を聞くと、プラごみにこっそり生ごみを混ぜ込んで出す輩もいるのでは、と心配になる。












* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]

by lesjoursk | 2013-10-01 21:18 | 暮らし | Comments(2)