いくたびも参る心は初瀬寺…の長谷寺へ

◆2015年11月12日(木)

訪れたのは11月10日。紅葉は少しずつ始まっていた。
まだ緑が多いけれど、その中に秋の色の木々が混じっているのは趣深い。

国宝・本堂の懸造りの外舞台は修理が始まったばかり。
谷に突き出した舞台からのパノラマはお預けだったけれど
ご本尊の特別公開が行われていた!

長谷寺へは何度か来ているが、
特別拝観のチャンスに巡りあったのは初めてである。
錫杖を持った大きな十一面観音さん。
その巨大なお御足を触らせてもらえる。
受付で、塗香(ずこう)という、粉のお香を両の掌と甲に塗り、体を清める。
そして、五色線(ごしきせん)という、ブレスレットのようなものを
左手にかけて頂くことにより、観音さまと結縁(けちえん)される。

にじり口のようなところから入り、像の足元へ。
お御足はぴかぴかに光っている。
古来どれだけ多くの人にさすられてきたことだろう。
人々の願いを一身に受けるに十分な、どっしりとした力強さを感じる。

像は磐座(いわくら)の上に立っていると事前に読み知っていた。
確かに台座は石である。が、四角く整えられた滑らかな石だった。
想像していた「岩」とは違っていた。

長谷寺からさらに山を北へ上がると、滝蔵権現という神社があり
巨岩が祀られているという。
長谷寺のルーツはそこではないか、という話は
白洲正子著「十一面観音巡礼」に詳しい。
このお寺を訪れるたびに、滝蔵権現にも行ってみたいといつも思うが
まだ行ったことはない。
時間が足りない、私のきらいなダムを途中やり過ごさねばならない、など
理由をあれこれ挙げてはみるものの、
「隠国」(こもりく)のさらに奥に位置する神社であり、
神様の領域にずけずけ踏み込むようで畏れ多く、尻込みする、というのが本音。
いつか参拝することができるだろうから
その時まで待つことにする。

e0091161_2273058.jpg








* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]
by lesjoursk | 2015-11-12 22:08 | 奈 良 | Comments(0)


ちいさなシアワセをたくさん見つけて大きなシアワセに***かとくみの日々のメモです


by lesjoursk

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

幼稚園→小学校
暮らし
里 山
手づくり
小さな生き物
おでかけ・旅行
奈 良
ガーデニング
お買い物
食べ物
う た
音 楽
季 節

その他

最新のコメント

そうなんです、すっごく気..
by かとくみ at 12:58
おおっ、かとくみさん今回..
by コクリコ at 11:10
はいは~い!お知らせあり..
by かとくみ at 20:44
NODAさんの所に2月2..
by コクリコ at 23:20
おっと~!コクリコさん、..
by かとくみ at 21:14

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
自然・生物

画像一覧