アジサイの “先祖返り”

◆2013年6月14日(金)

去年のシーズンに幼稚園時代のPTA仲間と矢田寺に行った。
門前のお店を見ているうち、欲しくなって

  「ウズアジサイ」

の開花株を買った。萼片(花びらに見える部分)がクルンと丸まった、ピンクのアジサイ。
買った株とは色が違うが、こんなの…↓
e0091161_22154817.jpg


購入後わりとすぐに、駄鉢に植え替え、生育は順調だった。
今年もアジサイの季節になり、さて、ちゃんとウズになってくれるか楽しみだったのだが…

e0091161_22174276.jpg 
 
…ウズにならなかった…。
しかも、色も変わった…。

色が変わるのは土の酸度の変化のため、
という話をよく聞くので
それはまあ、そうですかと納得できる。
が、フツーのアジサイになってしまったのは
ナゼ???

ネットであれこれ調べてみると、
ウズアジサイは、ウィルスか何かのせいで
突然変異的に生まれた品種らしく
ウズを維持するためには
多めに施肥する必要があるらしい。
ほかのアジサイと同様、植え替えと水やりだけで、肥料はほとんどあげていなかったから
そうなると、フツーのアジサイになってしまい、これを「先祖返り」と言うのだそうだ。

そうか…そうだったのか…。
もう少し早めにこのことを知っていれば、今年もウズになったのだろう。
多めに施肥すればまたウズが復活するらしい。
ついでに土もアルカリ性にしてみようか…。

来シーズン、またチャレンジだ!


















* * * * * * * ** * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]

by lesjoursk | 2013-06-14 22:27 | ガーデニング | Comments(0)