ナンキンハゼのミニリース

◆2013年1月19日(土)

近所にあるコーヒー専門店で開かれたワークショップに参加して
ナンキンハゼの実を使ったミニリースを作った。

教えてくださったのは、Mano Donna さん。
身近な材料を使って、素敵な小物などを製作されている
“クラフトウィメン”のグループである。

e0091161_2151443.jpg

e0091161_21515271.jpgナンキンハゼは赤く紅葉する、くらいしか
知らなかったのだが、ポップコーンのような
白い、面白い形の実をたくさんつけるそうだ。
Mano Donna さんの実店舗がある大東市の
街路樹として植えられているナンキンハゼから、
市の許可を得て毎年実を集めているとのこと。

台座となるリースに、グルーガンで接着剤をつけながら
実をどんどん差し込んでいく。差し込む実の密度やバランスを見ながら、
正面だけでなく、内外の両方の側面にも。
ちょっと長めの枝を生かして、ぴょこんと飛び出させてみたり、蜜と疎の部分をつくってみたり。
やり始めると夢中になって、口数も減り、どんどん出来上がっていった。

仕上げにワイヤーでフックを作り、2種類のリボンをつけて、完成♪
e0091161_21534157.jpg


小さめリースだが、これだけの数の実を使うことを考えると、ちょうどいいサイズだと思う。
今日はベージュ・茶系でシックにまとまったが、
例えばヒイラギの葉と赤い実をつければ、たちまちクリスマス仕様に、
松の小枝や水引をアレンジすればお正月仕様に、いろいろ変化させられる。

ナンキンハゼの実は丈夫でいつまでもきれいなまま保たれるそうなので
このリース、なにかと重宝しそうである。

期待以上のものを作ることができて、大満足~!














* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
[PR]
Commented by K.I. at 2013-01-22 17:44 x
今年初めての書き込みでーす。
南京ハゼの実ってよく行く例の昭和記念公園で、
「枯れ木に白い花???」
と思って、木の名前の札を見たらナンキンハゼの実だったことを思い出しました。
かとくみさんが器用なのはモチロンですがこんな素敵なリースになるのね!
色は塗ったんですよね?
ベージュ色のリース、シックだわ♪

今年もよろしくお願いしますね!
Commented by かとくみ at 2013-01-22 21:05 x
わ~!K.I.さん、ようこそです!ご無沙汰しています。
さすが、ナンキンハゼの実をご存知なんですね!
私は全然知りませんでしたよ。
市販のリースを土台にして、そこに実が付いている小枝をどんどん差し込んでいくのです。器用かなあ、私?…ありがとうございます。
小ぶりなリースだけど、それがまたかわいいでしょ?!
色は塗っていませんよ。実によって色が少しずつ違って、
本当に白いものから、ベージュがかったものまでさまざまです。

こちらこそ今年もよろしくお願いします!
Commented by mikiko at 2013-01-26 16:35 x
すばらしい~いいなあ。私も参加したかったです。あの新しいコーヒーショップですか?ナンキンハゼっていうんですね。アレのことかな。よく見かける街路樹。私も冬に見るその白い実が大好きです。
Commented by かとくみ at 2013-01-26 21:28 x
ありがとうございます~!そうです、あの新しいコーヒー屋さんです。
新しいといっても、もともと同じ町内の別地区で営業されていたのが
移転してリニューアルオープンしたのです。
ナンキンハゼは秋になると早くに紅葉しますよね。街路樹や、奈良公園にもたくさんある、あの木です。mikikoさんも白い実をご存知なんですね~。リース作り楽しかったです。どんどん出来上がっていって…。

mano donnaさんのワークショップ、次回は今月中旬だかに、ワイヤークラフトなどと組み合わせたフラワーアレンジだそうです。今後もあれこれ内容を変えて、いろんなワークショップを展開されるそうです。コーヒー屋さんの奥さんとは私のFBで友達なので、そこからリンクたどっていけば、コーヒー屋さんのブログにたどり着くと思います。いろんな情報が載っていますので、よかったら見てみてくださいね。もしかして、mikikoさんならお店でワークショップを開けるのでは?!
by lesjoursk | 2013-01-19 21:54 | 手づくり | Comments(4)